画像のalt属性はSEOに有効?

alt属性はseoに有効?

alt属性とは

alt属性(オルト属性)とは、HTML内のimg要素の中に記述される、画像の代替となるテキスト情報です。
英語の「alternate(代わりの)」の略で、日本では代替テキストとも呼ばれています。

「alt=”□□□□□”」というように、「alt=」の後ろに「”」で囲い、内容を記述します。

<使用例>

<img src=”画像のURL” alt=”□□□□□”>

alt属性の役割

ユーザービリティを高めることができる

1.回線速度が遅い場合や、回線が混雑していて画像が表示されるまでに時間がかかる場合に、画像の替わりに「alt属性」で設定した文言が仮に表示され、見ている人に内容を伝えることができます。
2.最初は画像を閲覧することができない環境でも、情報をテキストや音声で得ることが、出来るようにするための機能でした。
視覚障害者の方が音声で内容を理解する為の音声読み上げブラウザ等では、「alt属性」に記載された内容が読み上げられることになります。

検索エンジンへの情報提供

画像で表示されている情報を読み取ることのできない検索エンジンが、画像の中身を理解する為に、「alt属性」に記述された内容をインデックスしています。
その内容は、Google画像検索にも反映されるので、是非登録すべきです。

alt属性の扱いの移り変わり

altにキーワードを大量に入れてSEO効果を上げるテキストスパムが横行したことで、Googleがalt属性のキーワードを検索結果に反映しないようになったと一時言われていましたが、最近はalt属性のテキスト内容をインデックスしていると言われています。

結論

alt属性は文書情報として検索エンジンに記録されており、Googleの画像検索から検索を掛けた場合も表示される場合があるので、登録をお勧めします。